ウェディングタイムカプセル
紹介動画 資料請求・問合せ
メディア紹介ベビータイムカプセル
会場様用 よくある質問 進行表ゲット 動画 会社概要 採用情報 海外展開 プライバシーポリシー
3ステップ

二人の輝かしい未来へのスタートを約束する結婚式。その結婚式において、ぜひ「価値」ある演出をオススメします。
結婚式・披露宴・二次会の感動サプライズ演出・ブライダルギフトはウェディングタイムカプセルにお任せ下さい!
 

新着情報 問い合わせ
Email wt@shinta.co.jp
お電話 0120-878-256
受付時間 AM9:00〜PM6:00
14/05/09 日本テレビ新番組「なら婚」で取り上げられました!
日本テレビの結婚情報バラエティ「なら婚」にて、ウェディングタイムカプセルが紹介されました!(司会:加藤浩次 日テレアナウンサー 水ト麻美)
13/06/10 【重要】模倣品にご注意ください!!
14/07/25 【先輩カップルの声】素敵なお写真が届きました!
    
 
 



あの演出

■ 演出についてお悩みではないですか??

 まだ「あの演出」やるつもりですか?と聞かれて、急いでここに来たあなた。
あなたの頭の中に浮かぶ「あの演出」ってなんですか?
・ キャンドルサービス
・ ケーキカット
・ スモーク+レーザー光線の中ゴンドラで降りてくる・・・
いずれにしても「そんなことしたくない」って思っているからこそ、こうやって情報を探しているのだと思います。でも実際は不本意ながらもその演出をせざるを得ないんじゃないかなぁ、と薄々感じてたりする。
結婚式について考え始めていた時は色々な希望やアイディアが出てきていたのに、いざ現実的にプランを決めだすと、なんだか周りに流されて結婚式の流れや演出が決まっていくように感じることはありませんか?

■ あなたが本当にしたい演出とは??

 どうしてみんな結婚式・披露宴をする際、式場に言われるままの演出をしてしまうのでしょうか?みんなも結婚式でやっているから?パックになっているから?ゲストはお決まりの演出を望んでいるから?何であれ、結婚式ではキャンドルサービスはやるものだ、という妙な「お約束」(?)のような、決まっていない「決め事」が存在するのは間違いありません。でなければ、どうしてみなさん結局同じ演出になってしまっているんでしょうか?あなたはキャンドルサービスを本当にしたいのですか?本当にやりたいんだぁ、というならこれ以上読む必要はありません。
  でもそうした画一的な演出に疑問を感じているなら、一生に一度しかない、あなたの結婚式・披露宴は、どこにでもあるのっぺらぼうなものになってしまってもいいのでしょうか?

■ ゲストに喜んで貰える演出とは??

 一方、ゲストも本当に「定番演出」を望んでいるのでしょうか?今まで結婚式・披露宴をする側、つまりあなたたちからのアンケートというのはたくさんありました。「どんな演出をしたいですか?」「どんな演出が良かったですか?」という。でもゲストからのアンケートというのは存在しません。なぜなら「呼ばれたゲストは満足している」というのが結婚式の暗黙の了解だからです。もしおおっぴらに新郎・新婦に対して「あんたたちの披露宴は超ォ退屈だった」なんて酔った勢いでも言おうものなら、たとえ周囲の人も個人的には全く賛成な正論を言ってくれた、と思っていたとしてもその「暴言」(?)を吐いた人を非難するでしょう。つまりそれはタブーなのです。

■ 実際にゲストの方に聞いてみました!

 そこで、わたしたちはある結婚式の後に出口で待ち構え、ゲストの方々にさりげなく聞いてみました。「キャンドルサービスはどうでしたか?感動されましたか?」結果は・・・ショックを受けないで下さい。散々たるものでした。でもこれが現実です。ほとんどの人が「決まりごとだから特に感動は・・・二人がやりたいならいいんじゃない?」という反応がほとんどでした。二人の幸せを祝いに来たゲスト。そしてあなたはそのゲストをおもてなししたいのに・・・つまり、お互い相手が喜んでくれている、と信じて行っていることが実はかみ合っていないのです。もし、あなたが本当に「ハート」のこもった、一度しかないあなたらしい結婚式を挙げたいのであれば、やはり考え直す必要があるのでは?と思うのはわたしたちだけでしょうか?

■ 最高の結婚式にするために

 かと言ってまた極端に「じゃあ、演出なんてやめちまえ」というのもどうでしょうか?実際、そういったのはやめよう、と立食パーティーのみの披露宴もありました。しかし、やはり寂しいものです。やはりそういう演出も儀式として「締めるところはキチッと締める」ために必要です。大事なことはその演出にあなたの「ハート」が入っているかどうかなのです。
 では「ハート」が入っていればそれでいいかといえばそうではありません。それで失敗するのが「ワンマンショー型結婚式・披露宴」です。「わたしたちはこんなに練りに練ってみなさんをおもてなししているのよ!見て!」というものです。しかし肝心のゲストと新郎新婦の間にかなりの温度差が出来てしまっているのです。さ、寒い・・・
 

■ 人気の演出

 一生に一度の結婚式。いつまでも記憶に残る素晴らしい結婚式にしたいですよね。 最近結婚式で人気の演出はサプライズが多いです。ありきたりな演出がマンネリしてきている中、ちょっと刺激的なサプライズの方が盛り上がるようです。 会場全体を巻き込んだ大掛かりなものや、招待客の意表を突くもの、斬新なアイデア、思いがけず感動するものなど、他のどの結婚式でも体験したことがない演出は記憶にも残りやすいです。 しかし、そんなに簡単にアイデアが浮かんでくるわけもありません。思いついたとしても、この演出で招待客の方々は満足してくれるのか、と不安に思います。 そんな時は、演出のプロにご相談ください。結婚式を成功させたい、という気持ちは同じです。どうしたらみんなで楽しめるか、企画しているあなたと真剣に向き合って考えます。 今までに様々なパターンの演出のお手伝いをさせていただきました。豊富な経験を生かした演出をご提案致します。

 
ページの先頭へ
ステップ1
ゲストはどうして感動して涙する?
 逆にすばらしい結婚式・披露宴に出会うこともあります。赤の他人の私でさえも感動して全身鳥肌状態になり、あふれる涙を抑えることができない、という。さっきまで顔も見たこともなければ話したこともないのに。

 なぜわたしたちは感動するのでしょうか?それはその人の感動がまるで自分のことのように感じられるからです。つまり「共感」するからです。結婚式・披露宴であなたの友達が泣いているのは、お父さんに感謝の手紙を読んで泣いているあなたの姿に自分を重ねているから。年配の人や子供を持つ人が泣いているのは、あなたのご両親が自分の子供が巣立っていってしまう寂しさを思い、自分の時と重ねて泣いてしまうのです。その結果、集まったゲストは一体となり、最高潮の感動を会場が包み、すべての参加者の心にすばらしい思い出として刻み込まれるのです。会場にいるみなさんが誰一人として赤の他人でない、アットホームな空間になるのです。さらに感動は共鳴します。一人しかいない会場で泣かされてもたかが知れています。一堂に会した何十人もの人が感動するとその感動の波動は人に伝わり、何倍にもなって共鳴しあうのです。そして跳ね返ってきた波動をまた受け、さらに感動する。まさに始まると止まらない感動の連鎖核反応が起きるのです。
 
ページの先頭へ
ステップ2
 共感を得るために・・
 結婚式・披露宴をエンターテイメントに例えるのであれば結婚式・披露宴はまぎれもない「ライブ」です。編集もなく、やり直しもいっさい利かない、始まったらノンストップの緊張感あふれる一発勝負です。生です。ですから会場のゲストはその臨場感にしびれ、感情移入しやすくなるのです。だからどんなにすばらしい結婚式・披露宴でも参加できなかった人が後でビデオを見せられて、友達にどんなに「楽しかったんだよ」と言われても実感が湧かないものです。逆にライブの怖いところは、会場の雰囲気が悪くなるとその空気が一気に伝染し、シラケムードが漂ってしまうことです。もちろん、盛り上がればその波動が共鳴してさらに大きくなります。では、ゲストの皆さんに入り込んでもらうには何が必要でしょうか?

結婚式は1発勝負のライブ!
 ライブが最高に盛り上がっている時、場内はどうなっていますか?そうです。一体感です。ワールドカップでサッカーの応援をしていた熱狂的な韓国サポーターはみんな赤の他人です。でも自国の勝利というひとつの目的に向かって、同じ目的意識を持つ他人同士が抱き合い、手を取り合って喜ぶ。経験したことがある人はそのときの気持ちが分かると思いますが、なんとも言えない自分が受け入れられたような幸福感に包まれます。もちろんあなたの披露宴に参加している人々は、あなたたちを祝福する、という目的のために参加してくれているのですが、それはある意味当たり前です。さらに一体感を演出するにはどうしたらいいのでしょうか?

 それにはあなたたちを祝福するため、という大儀のものに全員に参加させ、全員に行わせる「全員参加型」演出が効果的です。そんなときに不参加を表明する人は絶対に誰もいません。全員であなたたちのために何かを作り上げ、その完成を見届ける。それによりゲストはただ単に傍観者としてあなたたちの結婚式・披露宴を眺めるだけの姿勢から、自分も参加したものを見届け、さらに祝福したい、という積極的な姿勢に劇的に変化していくものなのです。さらに「自分も参加している」という思いが参加者の集中力を高め、さらに会場みんなでやったんだ、という一体感と、先に述べた距離感との相乗効果によって共感が高まり、始まったら止まらない感動波動の「連鎖核反応」が起こるのです。これはぜひお試しください。本当に劇的な効果がありますよ!!

 ウェディングタイムカプセルを使った結婚式・披露宴の演出は、全員一体となって盛り上がれるアットホームな雰囲気をつくり出し、感動を生み出すのです。またそれだけにとどまらず未来に向けてその感動がずっと持続するのです。
 ウェディングタイムカプセルにはゲスト全員が参加して作ったメッセージが入っているので一体感が高まるのと同時に、全員がその「封印」という象徴的な行為を見届け、それぞれが自分自身の将来の姿にも想い馳せるので、一層感慨深く、二人への祝福感がより高まり非常に感動的な演出になるのです。ぜひお試し下さい!!
 
 
ステップ3
演出事例
ページの先頭へ
ウェディングタイムカプセル(トップページ)ベビータイムカプセル
ウェディングタイムカプセルストーリー演出ステージ詳細説明演出事例動画を見る先輩カップルの声価格・購入 会場様用参考資料
よくある質問資料請求&お問い合わせ 進行表ゲットメディア紹介会社概要採用情報海外展開プライバシーポリシーデータ 復旧
Copyright (C) 2004-2011 Shinta! Co.,Ltd. All Rights Reserved.